原付の保険・税金のイメージ画像

原付の維持費について
保険や税金はどれくらいかかりますか?

原付の税金・保険

原付は、小さくて小回りがきき、燃費も良くて維持費も安くてすみます。 そのため日常の通勤・通学や買い物などの便利な移動手段として用いられています。
狭い道でも入っていけるので郵便配達や、新聞屋さん、ピザの宅配などでも利用されているのはそのためです。

原付の税金は安いのですが、原付1種・2種ともに市区町村の管轄となり、税金も各自治体に収めるようになっています。 以下の表からわかるように、年間の維持費は1万円もかかりません。

原付の税金・保険の比較

原付の種類 税金 自賠責保険 ナンバーの色
原付1種(50cc以下、0.6kw以下) 1,000円/年 7,280円/年
原付2種(51cc~90cc、0.6~0.8kw) 1,200円/年 7,280円/年 黄色
原付2種(91cc~125cc、0.8~1.0kw) 1,600円/年 7,280円/年 ピンク
※自賠責保険は、2年から5年間で1年ごとに保険期間を選ぶことが出来ます。保険期間が長いほど割安になっています。保険期間が5年だと15,600円となり、1年あたりの保険料は3,120円となります。
※平成23年4月現在の自賠責保険の料金です。自賠責保険は、事故の頻度などに応じて順次改定されます。

このように維持費が安いことに加えて、部品も安いので原付を修理するときには費用も安くて、自転車屋さんなどで簡単な修理をしてもらえることが多いです。

このページの先頭へ