原付の保険・税金のイメージ画像

原付の維持費について
保険や税金はどれくらいかかりますか?

原付とは

「原付(げんつき)」とは、原動機付自転車(げんどうきつきじてんしゃ)の略称だということはよく知られていると思います。

ところが、この原付にも原付1種と原付2種があるのをご存じでしょうか?
さらに原付2種には、黄色ナンバーとピンクナンバーのバイクがあるのです。

ちょっとややこしいですが、道路交通法では、「排気量50cc以下の2輪車および3輪車、あるいは20cc以下の4輪車」と規定されています。 これに対して、道路運送車両法では、125cc以下の2輪の車両が原動機付自転車とされています。

さらに、最近は電気スクーターなどもたくさん出てきているので、モーターの定格出力によって、原付1種と原付2種がわかれていて、さらに黄色ナンバーとピンクナンバーもモーターの定格出力で分けられているのです。

でも、一般に「原付」と呼ばれているのは、上記の道路交通法でいう原付のことを指していて、50ccのミニバイクのことだと思って間違いありません。

50ccの原付の場合は、ナンバープレートは白色です。
また、原付のことを「原チャリ」「ミニバイク」「原付バイク」「50(ごじゅう)」と呼ぶこともあります。

たとえ排気量が50cc以下であっても車輪の数が4つ以上ある場合は、原付免許では運転できないことがあるので注意してください。
一時期流行ったミニカーなどのことですが、これらのミニカーを運転するためには普通自動車免許、いわゆる普通の自動車の免許が必要になるわけです。

このページの先頭へ