原付の保険・税金のイメージ画像

原付の維持費について
保険や税金はどれくらいかかりますか?

黄色ナンバー、ピンクナンバーも原付なの?

黄色ナンバーやピンクナンバーのスクーターやバイクを見たことがあると思います。
これらは原付2種という区分の「原付自転車」です。

ナンバーが白い原付1種の原付とはいくつかの違いがあります。

自賠責保険の金額は同じですが、毎年納める税金の金額が割高になっています。

そして、一番の違いは法定速度です。
黄色ナンバー、ピンクナンバーの原付2種は、法定速度の60キロまで出せます。
ところが、白ナンバーの原付1種だと30キロまでしかだせません。
ですから、大きな幹線道路などを走っているとトラックに追い越されて怖い思いをした経験などがある人も多いと思います。

でも30キロ以上のスピードで走っていると速度オーバーで交通取り締まりの対象になってしまいます。

また、大きな交差点では原付には二段階右折が義務づけられています。
交差点の左端で一旦停止して右向きに向きを変えて、信号が青になってから右折(直進)しないといけないのです。
逆に、二段階右折が禁止されている交差点もあるので、標識に気をつけないとこれも交通違反になってしまいます。

そして、白ナンバーの原付1種は2人乗りができません。

このようにいろいろとややこしい規制があるのが白ナンバーの原付1種なのです。

一方で、白ナンバーの原付1種も、黄色ナンバー・ピンクナンバーの原付2種もヘルメットの着用は義務づけられています。
また、白ナンバーの原付1種も、黄色ナンバー・ピンクナンバーの原付2種も高速道路など自動車専用道路に乗り入れることはできません。

このページの先頭へ